男性がどう判断するか健康性愛時長

2015-06-04

男性がどう判断するか健康性愛時長い医網要旨:大多数の男做愛時間の長さとして性能力の判断基準.もし性愛短時間で自分の性能力だけでなく駄目で、さらに申し訳ないと思う自分の性的パートナー.実はこれは1つの落とし穴の観念で、誤った観念が男性心理と生理的負担.あんなに健康男の性愛の時間はどのぐらいですか?何が早漏いわゆる早漏とは、非常に初期の早期射精にとって、すなわち、性愛運動がやってみたが、またはからが、すなわち射精.でも時々性器剛と結び付けて、ペニス勃起した後もたちまちすぐ射精.健康男の性愛時間は、少なくとも1分以上の平均は3分ぐらい.もし適切な停止時間に加えて、意識の転換は、遅延射精、それは性交持続時間は10分ひいて、意外にも30分、長いことさえも.中年期と男性更年期の性交能力の男50–60歳の間に限らない、性欲減退して、甚だしきに至っては多少亢進.性能力も60–70歳まで維持.40歳の後で、セックス回数の制限を上回らない4日に一度は良くて、50歳以降は1週間に一回は宜.この数値はただ1種の限界値ではなく、結論.結婚後の品質向上性愛の秘籍性愛の質の向上と性愛技巧にかかわる.愛してないなら、性愛時はいつも同じ技巧、姿勢、時間、場所、そんなに性愛の品質を高めることができるか?完璧な性愛を通じて違う花のように変換.ただ打破した性は単調で、才能を高め性愛有効質量.て発見を調査して、多くの女性は自分の性生活を予測することができます;は現代人の性の観念にオープンしましたが、自らの変化を求めるだけで3割.結婚を巻き起こす性愛欲望性愛6どのように誤解を避ける愛情の中で、いつもたくさんの誤解を、最も恐れたのはあなたは問わないで、彼は言わない.交流は人と人の間の関係の架け橋、夫婦の間にも交流だけでなく、交流の感情は、さらに交流性愛.もちろん、友達の間の性生活の中でお互いの献上とお互いに報いて、普通はすべて意地、めったに言葉では言いませんでした.しかし実際にこの交換は確かに存在し、それから作り出したちょうど献上の方は言いませんでしたが、一方は軽視しやすい、より簡単に相手の心ない中傷.彼はベッドの上で表現させないように君を喜ばせるよう努めるクーリー.もし君が望む彼ある部位に滯在して、あなたは言って.彼はあなたの要求に合っても、知らせるべきだ.もし彼が悪いから、くれぐれも悪意で非難、一種のもっと優しい方で表現し、あなたが好きというよりあるいはあんなに.